旅と鉄の盲腸にっぽんの駅?な駅へのご招待(私鉄編) >5ページ

箱根登山鉄道線 風祭駅Kazamatsuri

 神奈川県の西部、小田原にある箱根登山鉄道の駅です。美しい名前が印象的ですが、箱根駅伝ファンの間では有名な駅。そして鉄道ファンの間でも有名。この駅がとにかく変わっています。ある意味最強。

風祭駅の駅舎全景 まず駅舎。駅周辺は非常に狭隘で、ホームも島式のものがひとつだけ。加えて有人駅であるため、駅舎を作る必要がありますがその場所もない。ということで、駅舎はなんと線路内にできてしまいました。「やはり管理上、トイレは改札内にあったほうが・・・」などと悠長なことを言っている余裕もなく、トイレも外にあります。で、踏切ですね。駅舎に踏切があります(これも一種の構内踏切?)。道路側の遮断機が降りている間は駅舎についている遮断機も降りるので、ホームに電車が居る間は、電車から降りてもほとんどの場合すぐに駅を出られません。トイレもすぐに入れません。おなかのゆるい人には大きな不幸が訪れる可能性がある駅です。

 ・・・この駅、列車交換をする機会も多く、電車を降りてすぐに遮断機が上がるのはこの駅で列車交換がなく、かつ踏切とは反対側の方向に進む小田原方面行き電車が着いた場合のみです。

 また、レールが3本敷いてありますが、これはこの駅を含む小田原〜箱根湯本の区間が、レール幅の違う小田急電鉄が乗り入れられるように作られているためです。これも日本では秋田新幹線(奥羽本線)の一部区間に存在するくらいで、貴重です。
風祭駅ホーム そしてホーム。これは駅舎のすぐ後ろから撮影した画像ですが、異常に短いです。幅もそんなに広くないですね。しかしこれでも若干延伸された形跡があります。

 ここは箱根駅伝開催時には、山越えに挑む直前である小田原中継所の最寄り駅になります。この中継所、いわゆる「見どころ」のひとつなもので、当然当日は見物客でごった返すわけで、そのときの状況を想像すると、非常に恐ろしいです。私は「旅の小ネタ。」箱根駅伝に関する小ネタをしたことがあり、駅伝当日にこの駅を通ったことがあるのですが、もう本当に、壮絶なことになっておりました。

 で、先に記したとおり、この区間には小田急電鉄線から電車が乗り入れてきます。これがおもに6両編成。このホームに6両編成が停車するとどんなことになるかと言いますと・・・。
ホームから激しくはみ出す電車(小田原側から) こんなことになります。何か、激しく、かつ堂々とはみ出てるんですけど。ちなみに本家であります箱根登山鉄道の電車が来たときにはこんな感じです。3両でもらくらくホームに入りまして。急峻な山岳区間を行くため、この会社の電車は1両が15メートル前後と、コンパクトにできています。ところが通勤路線の小田急線は20メートルの大柄な車体。ホームには2両程度しかかかりません。

 しかしながら、レール幅の差、架線電圧の差、ホーム有効長のなさというハンデを背負ってでも乗り入れを実現したい、少しでも箱根に近いところまで乗り換えなしで行きたいと思わせるあたり、箱根という所は観光地として大きな価値があるんだろうな・・・と思わせるに十分な光景です。

 あ、でもロマンスカーはこの駅止まりませんので、ホーム有効長については、まあ関係ないっちゃあ関係ないのかもしれません。といってしまってはミもフタもないのかもしれませんが。

 しかしながら、これ。電車が一体どの程度はみ出ているか気になりますね。ということで先頭まで行って眺めてみますと・・・。
激しくはみ出して止まる上り電車 父さん!何だか大変なことになってます!ということで、こんな感じ(右写真)。ずっと後ろのほう、線路が少しカーブした所に小さく見えているのがホームです。これ決して駅を出た電車がこれから加速するとこ、ではありません。停車してこの状態なんです。写真の右下に、小さく停止位置標(頭に◆の板がついた標識。電車の先頭が止まる目安になります。)があるのがお分かりいただけるかと思います。

 よーく見ますと、踏切をひとつ、塞いでしまっていますね。往来が少なくて警報機・遮断機もない小さな踏切なので、今のところ大きな支障はないようです。ちなみにこの踏切、「風祭水車踏切」という、こちらも非常に美しい名前が付けられています。

 写真は上り小田原方面行き電車の場合ですが、下り電車の場合も6両編成は最後部がここまで来ます。車掌さんはここから身を乗り出し、前方確認して手笛を吹いていましたが、果たしてその効果は如何ほど・・・。
風祭駅でのドア扱い(下り列車) こちらはホームでのドア扱い風景です。ホームには一部の車両しかかからないので、当然その一部の車両のドアが開くわけですが、電車が到着すると駅員さん、何かこちょこちょとやっています。で、それからどうするかといいますと・・・(左の画像にポインタを乗せてみてください。画像が切り替わります。)・・・!

 何と、ドアは手動なんです。駅員さんが何やらやっていたのは非常用のドアコックを開ける動作だったんですね。上り電車の場合は多少勝手が違うようで、最後部のドアが開くためか車掌さんが車内側のドアコックを開きます。「ハイ大きな音がしまーす」と言ってコックをひねり、空気の抜ける大きな音がしたあと、やっぱり手動。駅員さんがドアを開けてくれます。閉めるときはコックを上げると自動で閉まるようです。

 ちなみにこの駅、ドアを開いて乗降できるのは、箱根湯本行きの最前部と、小田原方面行きの最後部1両のみです(6両編成の場合)。ご利用の際はご注意ください。

 小田急の電車のドアは半自動を前提に作られていないよう(当然といえば当然なんですが)で、空気が抜けてしまうとドアは非常に重くなり、開けにくくなります。両端の車両のドアだけ開くようにできるドアカットスイッチを付けるといいのに、と思いますが、費用対効果を考えるとそれもままならないのかもしれません。

 それはそうと、この駅に停車する6両の電車は相当数あり(データイムは1時間あたり上下8本程度、ほとんどの電車が6両編成になります。)、駅員さんはその都度この重労働をされていらっしゃいます。電車が到着するたびドアコックを開き、重たいドアを開け・・・。来た電車がワイドドア車だったりするとゲンナリしそうです。

 3年の 勤務を終えれば ぷちマッチョ(某生保の川柳風に)

 趣味的な観点からは見どころいっぱいの風祭駅。かまぼこ作りの体験がてら、訪れるのも楽しいかもしれません。

 ※当然ですが、社員以外の者が非常時以外にドアコックを勝手に取り扱うことは禁止されています。

 (2008.3.15追記)
  この駅ではバリアフリー化工事としてホームの延伸工事がなされ、4両編成相当の列車が停車できるようになりました。現在、この区間の普通電車は4両編成ですので、上記のような取り扱いは、原則見られなくなりました。

もくじのページへ


武隈急行線 やながわ希望の森公園前駅Yanagawa-kibonomori-koenmae

 福島県の北端、宮城県と接する旧梁川町にある駅です。駅自体は阿武隈急行線の開通に伴って誕生した、比較的歴史の浅い駅です。

やながわ希望の森公園前駅外観 駅舎の外見は搭屋が目立つメルヘンチックなものですが、それ以外に変わったところは見受けられません。で、この駅の何が変わっているのかといいますと、勘のいい方はすでにお気づきかと思いますが、駅名がやたら長いんですね。

 やながわきぼうのもりこうえんまえ。

 11字、かなで16字あります。とにかく長いんです。駅の周囲には駅名の由来となったやながわ希望の森公園がありますが、徒歩ならここから30分と、こちらも駅名と同じように多少長め。アクセスとしてはちょっと物足りない感じがしますが、駅前から豆汽車が出ていますので時間が合えば不便なことはありません。建設に当たっては諸事情あったのでしょうし、ここの場合駅自体はひとつの名所でもあるでしょうから、あまり細かいことは気にしないでおきましょう。

 ということで、「長い駅名」ということに着目してこの駅をみてみますと、駅名標。駅名が長いために駅名標は通常のダブルサイズですぜ旦那。鉄材を通常の2倍使用してわざわざ専用の駅名標を作るあたり、力の入りようが伺えます。ホームは4両の電車しか来ないのに15両編成対応の長いもの、だったら笑いますが勿論そのようなことはなく、残念ながら施設関係で長いものは駅名標まで。あとはごく普通の、静かな駅です。

 変わったものとしては入場券。こちらほぼ実寸大です。専用の紙が用意され、通常の切符の2倍長の長さがあります。体裁は硬券(厚紙きっぷ)で、お隣梁川駅からこの駅までの乗車券も同じサイズのものを販売しています。収集家にとっては整理に困ってしまうという楽しい逸品です。やながわ希望の森公園駅入場券

 ただこれはいわゆる縁起ものの扱いで、通常の切符がこれでは財布に入りませんので、一般用は券売機で従来様式の券が発行されます。こちらは記載スペースが少ないせいか「希望の森公園前」と省略して表記されています。使用頻度が高いものについては省略度もアップ。

 そもそもこの駅名、わざわざ「長いものを」と付けられた名前なんです。ところが予想に反して他社でも長い名前の駅を開業するところが出てきて、ちょっとした競争になってしまいました。「日本一長い駅名競争」、経過を示しますと、この「やながわ希望の公園前」の開業が昭和63(1988)年夏。それまでの札幌市交通局の「西線9条旭山公園通(にっせんくじょうあさひやまこうえんどおり)」を抜いて1位に(ただし、読みでは抜けませんでした)。ところがわずか2年後の平成2(1990)年、茨城県の鹿島臨海鉄道が「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前(ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまえ)」を開業。タイトルはあっさりと奪われます。

 その後もこの争いは続き、平成4(1992)年、九州の南阿蘇鉄道が「南阿蘇水の生まれる里白水高原(南阿蘇みずのうまれるさとはくすいこうげん)を開業。これで安泰かと思われるも今度は(2001)年、島根の一畑電気鉄道が古江という小さな駅を「ルイス・C.ティファニー庭園美術館前(るいす・しー.てぃふぁにーていえんびじゅつかんまえ)」という、ちょっと無理のある駅名に改称。2006年現在、このタイトルは維持されています。何かこう、最後のほうはもうどうでもよくなってきますね。
やながわ希望の森公園駅全景
 肝心のやながわ希望の森公園前駅の順位は、正式駅名で現在7位、読みでは10位(2006年1月現在。「ステーション」まで入る、ちょっと特殊な舞浜リゾートラインを含む)。今では何だか「順位ではお茶目な経緯をたどった駅」になってしまった感はありますが、「長さ競争」で狙って開業・改名した中では唯一の有人駅、そして何より「長い駅名は一定観光資源となり得る」というアイデアに敬意を表し、ここに掲載しました。

 「どうせ日本一ではなくなっちゃったんだし、駅のロケーションも考えたら『北梁川』とか『梁川北』という名前に改名するのが妥当なんじゃないの?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、どっこいそのまま長いことに意義がある。そんな無言のアピールをしているようにも思える、ちょっとお茶目な駅です。がんばれ、希望の森公園駅(って、最後になってなぜ略すかな)。

もくじのページへ


前へ
次へ
TOPへ
にっぽんの駅へ

無料ホームページ掲示板