ラインカラーTOPへ 小ネタTOPへ TOPへ

南海・ラインカラー探検隊(その2)

◆のりば案内

のりば案内(本線) のりば案内(高野線) のりば案内(空港線)

 こちらはのりば案内です。南海のサイン類って、それぞれがかなり大きなもので、かなり分かりやすくなっています。これもそのひとつで、他社ののりば案内よりひとまわりくらい大きいでしょうか。大きいので、ホームの端から見たりなんかすると、非常に目立っていて、天井周りは非常に賑やかなことになっています。

◆乗車位置案内

乗車位置案内(本線) 乗車位置案内(高野線) 乗車位置案内(空港線)
乗車位置案内(高野線・2扉車用) 乗車位置案内(りんくうタウン駅)

 はい、こちらは乗車位置表示です。ホームの下についているものですね。左上から岸里玉出駅・堺東駅・関西空港駅・堺東駅・りんくうタウン駅のものです。下の黄色の乗車位置表示は最近登場したもので、高野線の山岳線直通急行用の乗車位置表示です。扉数と車体寸法が違うため、高野線では緑と黄色の2種類があります。黄色の由来は今まで使われていない色合いということと、急行の種別色(オレンジ)に似ているから使われているのでしょうか。

 そしてりんくうタウン駅のものはまた濃いオレンジ。

◆その他こまごましたもの

時計(本線) 時計(高野線) 時計(天下茶屋駅) ゴミ箱(本線) ゴミ箱(高野線) ゴミ箱(空港線)

 時計とゴミ箱の押しぶた。こんなところまでラインカラーが使われています。時計はひとつだけグレーのものがありますね。これはひとつのホームに違う路線が発着するような場合に使われています。天下茶屋駅の高野線上り・南海本線下りホーム、りんくうタウン駅のホームなどはこの色の時計です。こんな所まで気を遣っていたなんて、知りませんでした。

 またゴミ箱もそうでした。例えば天下茶屋駅のコンコース。高野線ホームには緑のゴミ箱が置いてあるんですが、コンコースの高野線ホーム上がり口には青いゴミ箱が置いてあるんですね。「どうして緑じゃなくて青かナー」と思っていたら、天下茶屋駅、所属は南海本線の駅なんですね。そこまで意識してのことだか分かりませんが(単に青いゴミ箱が余っていただけかも)、そうだとしたら大変なこだわりようですね。また、難波駅の高野線・南海本線共用の降車ホーム(4・5番のりばの間のホーム)にも青と緑、両方の色のゴミ箱が置いてありました。

◆こまごましたものその2

ベンチ(本線) ベンチ(高野線)

 はいベンチですね。左が羽衣駅、右は堺東駅です。こんなものまで律儀にラインカラーが使われていました。ちなみに空港線のベンチはクリーム色。面積が広くてたくさん置いてあるものなので、駅では一番目立ちます。

 このベンチ、毎日視野には入っているはずなんですが、ラインカラーについて調べてみるまで全く気付きませんでした。

◆で、どうして空港線がオレンジ色なのか

 ということでした。ご存知の方も多いかと思いますが、りんくうタウン駅はJRと南海、改札が同じで同一ホームで乗り換えることが出来ます。当然乗り間違えなども出てきますね。ということで、「このホームは空港線」という前に、「このホームは南海電車」と知らせる必要がありますね。

 そこで出てきたのがオレンジ色の時刻表。オレンジ色って、実は南海のコーポレートカラーだったんですね。かなりうっかりしてました。はいはい、そういえばオレンジ色の案内もよく見ます。前ページの時刻表にも、本来は路線のシンボルマークが描かれるところにそれぞれの会社のマークが入っていますね。ホームの上がり口には下のような表示が付いています。
のりば案内(りんくうタウン駅)
のりば案内(関西空港駅)
 また、乗車位置案内も「会社の違い」を前面に押し出したオレンジ色になっていたんですね。この駅、駅舎管理が南海で、サイン類も原則南海のものを使用しているため、上の表記をはじめ、ちょっと変わったJRの案内を見ることもできますよ。

 ちなみに関西空港駅はどうなっているかと言いますと。左の写真です。こちらは改札口がJRと南海で別になっているので、会社を表すオレンジ色のほかに、空港線のラインカラーである紫も出てきていますね。乗車位置案内も紫。時計はオレンジ。いずれにしても、本線や高野線では見られない、特殊な案内です。

 ということで、ちょっと異色な空港線の各駅でした。







ラインカラーTOPへ
小ネタTOPへ
TOPへ

無料ホームページ掲示板